一話 大志を抱く少年3(ⅰ)

「ばっかじゃないの?」
「ぶーひぶーひ」
 背中に刺さるトゲのある言葉によろめいて、ディンは手近な木にすがった。ルーシェの容赦ない発言も痛い。だがなお痛いのが、もっともだといわんばかりの仔ブタのうなずきだ。

 バイアス山を懐に抱いて広がる森は、道をはずれると慣れた者でも迷う。狼や熊などの危険な獣も多く、森の奥まで踏みこむ者はまれだそうだ。しかし街道を行くより近いので、森を突っきる山越えの道もあった。ただ数年前、山に幻妖が封じられて以来使われていないという。
 そんな山を越えるハメになったのは、一昨日までの長雨のためだ。
 街道の橋が川の氾濫で落ちたのだそうだ。迂回路では日数がかかりすぎるし、渡し船をだすには水のいきおいが引くまでまだ幾日か待たねばならない。
 それでもなくても雨のために日程は遅れている。通行可能になるのを待てるほど、のんきな旅ではなかった。

 朝早く立てば、日が暮れる前には山向こうの里につける。
 そういう里人の勧めに従って出発してきた。だが幻妖に襲われたときか、元の場所に戻ろうと迷っているときに時間をくったのか、ひとえに慣れない山道のせいか、頂上も見ないうちにすでに日が傾いていた。

 暗くなる前に野宿の算段をするべきなのだろうか。それともこのまま夜通し歩いて山を越えたほうがいいのか。
 危険な獣のいるところで野宿なんて、襲ってくれというような気もする。けれど昼でさえ薄暗いようなところを、夜歩くのも無謀だと思える。どうしたらいいのか、こんな経験は初めてで、教えてくれる大人たちももういない。
 だから自分で考えなければと思いつつ、ディンは顔をしかめた。

 後ろがうるさくて、思考がまとまらないのだ。
 彼女たちと出会った場所から、仲間の元へ戻ろうと迷っていたきには力を貸してくれた一人と一匹だが、今は単にジャマしているとしか思えない。
 頼んだわけでもないのについてきて、両側が切りたった崖になった山道を歩きながら、一瞬も黙ることなく無謀な子供への非難をつづけているのだ。
 その刺さり続けるトゲの毒がとうとう足にも回ってきたのか、足下も覚束なくなっていた。

 けれど一向に容赦してくれる気のないらしい幻妖と仔ブタは、なお言葉を重ねる。
「だいたいさっきだって、おまえになにができたって? 逃げ回ってただけじゃないか」
「ぶひひぶひぷぎ、ぶぶひぶひぶひ」
「だよね、わたしが助けなかったらいずれ死んでたよ。ほら、ブヒコさんもこういってる」
「ぶぶっひぶひぶひ」
「いえてる。あのさ、いったいどんな英雄譚を寝物語に聞いてその気になったか知らないけど、おまえ、絶対無謀だから」

 ブタにどの程度の知能があるものなのか。
重い足を引きずって再び歩きだしながらディンは考える。
犬猫程度にならあるのか、それとも幼児程度はあるものなのか、残念ながらブタと親交を深めたことがないのでわからない。通訳が正確なのか創作なのかはどうかとしても、声音や口調の感じからして、こぶたに説教されていることだけはよくわかって、非常に複雑だった。

「ぶぶひぶひぶひぶひひひひ、ぶひぶひぶぶひぷぎぶひ」
「子どものころは多少無茶したほうがいいけど、おまえのは範囲を超えてるって。ブヒコさんのいう通りだぞ。大志を抱くのはいいけど、死んだら終わりなんだから」
「ぶひぶひ」
「せめてもう少し成長してからにしたら」
「ぶひひぶひぶひぶぶひ」
「あたら若い命を散らすなって。だいたい、さっきだって剣を構えるぐらいはできたんだろうね?」
 ぐさりと特大のトゲが背中に突き刺さって、ディンは思わずへたりこみたくなった。心配してくれているのだと思っていたから黙って拝聴していたが、単にバカにされているだけかもしれない。
 だいたい幻妖の王を倒すの倒さないのと、幻妖とする会話ではない。

Comments are closed

Hit Counter provided by Seo Packages
Web Design BangladeshBangladesh Online Market