一話 大志を抱く少年2(ⅰ)

 倒れている牝馬のそばに、ディンは膝をついた。重い息がこぼれる。半数ほどの馬が逃げのびたようだが、ディンが騎乗していたステアは死んでしまっていた。
 旅にはじめてからの短いつきあいだったが、ひとに手を借りながらとはいえ、ディンが自分で世話をした馬だった。

 彼女のたてがみをなでたとき、腕に痛みが走った。痛んだ部分に目を落とすと、衣の右の上腕部が破けていた。触ってみると指先に赤いものがつく。のぞきこむと、皮膚が裂け血に汚れていた。
 いつついた傷か、覚えていなかった。気が抜けたのもあって痛みはじめたのだろう。
 対峙したときの幻妖の紫の目を思いだすと、体が震えた。あのときはとっさのことで、恐怖を感じているひまもなかった。が、ふり返ってみれば、よく命があったものだ。
 今さらながら恐怖が足下から這いのぼってくる。これぐらいの傷ですんだのは奇跡だと思う。

 森はわずかな間に、見る影もなく荒れ果てていた。年輪を重ねた太い幹が、折り重なって倒れている。そこから差しこむ太陽のがまだらに照らしだす光景は、目を背けずにはいられなかった。
 苔むした幹や、足下のシダ植物の葉にまき散らされた血が、あざやかな緑との対比で目に鮮烈だ。おびただしい量の血の中には、人体と、彼らが騎乗していた馬を構成する部品が、でたらめに散らばっている。癇癪を起こした子供が、人形たちの手足をもいでは投げ捨てたかのようなありさまだ。

 彼らはみな、ディンの旅の仲間だ。
 総勢一二人の旅だった。ディンを含め、そろいの黒の衣を着た彼らは寺院騎士である。
 幻妖は強堅な肉体を持ち、通常の武器は通用しない。幻妖を殺めることができるのは、寺院で鍛えられる、神の加護をうけた特別な武器だけだ。
 それを持ってしても、何十もの騎士が束になり立ちむかい、多くの犠牲をだしてようやく幻妖を一匹をしとめる。
 それでも討ちとれたのなら幸運だ。封印という形で後に禍根を残すことも多いのだ。一行を襲ったのも、討伐できずこの森に封印されていた幻妖だった。

 彼らはここで幻妖を食いとめ、ディンはその間に麓の里へ知らせる手はずだった。この人数でははじめから無謀な戦いだった。
 それでも誰かが里に知らせ、そして誰かが避難するだけの時間をかせがなければならなかった。

 いろんなものが許容量を超えて押しこまれた頭が、割れそうだった。
 詰めこまれたものを吐きだせば楽になれるのだろうか。
 仲間の死を悼む心。彼らの命を無惨に奪った幻妖に憤る思い。無駄になった封印に対する感情。
 それでいて、一人残され、これからどうすればいいのかと途方に暮れる気持ち。
 他者の力をあてにしていたわけではない。誰に反対されても、たとえ一人でだって、自分のできることをしようと家を出てきた。
 今でも覚悟に変わりはない。
 でも実際は、自分で思っているよりずっと、仲間たちに頼っていたようだ。
 だがもう誰もいない。
 これからは、本当に一人だ。あきらめるつもりがないのなら、座りこんで泣いていいわけがない。

 意識をきりかえるために息を一つついて、ディンは血の中に散らばる仲間たちの荷物を集め始めた。
 出発するときに行軍の邪魔ににならない程度の糧食を、寺院で持たされた。馬と共に半数の荷が失われたが、残っている分だけでもディン一人なら十分すぎる糧食がある。
 しかし目的地までの食料を担いでいけるわけでもない。だから運べる分だけの携帯食料を拝借して荷物をまとめた。

 惨劇の場からはなれた場所で、かつげるように荷物をまとめ終えると、ディンは傷の手当にかかった。小さい傷には薬を塗るだけで、右の二の腕には油紙を貼りつけ、その上から包帯を巻きつける。
 片方を口にくわえて巻くのだが、うまくいかない。何度かやり直していると、溜息が聞こえた。
 顔をあげると、仔ブタを抱いて木にもたれている、ひとの姿をした幻妖と目があう。

Comments are closed

Hit Counter provided by Seo Packages
Web Design BangladeshBangladesh Online Market