一話 大志を抱く少年1(ⅱ)

 幻妖の目がぎロリと動いた。つられてディンも視線を振りむけて、思わず目をしばたたく。
 二対の視線の先にちょこんと座り込んでいるのは、仔ブタだった。
 仔ブタは座り込んだまま動かない。向けられた紫の双眸にのまれているのかもしれないとか、そんなことを考えている余裕はなかった。

 丸太のような手をふり上げる幻妖に、とっさに体が反応していた。
 幻妖の前を横切って、仔ブタに向かって飛びこむ。
 頭上で樹が砕けちる音がした。わずかに遅れて木片がばらばらと降る。倒れこむ樹木をさけ、ディンは仔ブタを抱えて横様に転がった。勢いを殺さず跳ねおき、幻妖に目をむける。
 寸発いれず跳ねあげられた腕に、ディンは仔ブタを抱えたまま駆けだす。だがいくらもいかず、感じた違和感に足を止めた。息を吸うのも苦しいような鬼気が、やわらいだような気がしたのだ。

 いぶかしく見上げた幻妖は、ディンも抱えた仔ブタのことも見ていなかった。
 幻妖の視線の先を追おうとしたディンの腕の中で、仔ブタがもぞもぞと身じろぐ。ディンが対応するより早く、仔ブタは胸を蹴って腕を跳びだした。

 仔ブタを追おうとしたディンの目の前を、白い手が伸びた。細いその腕は仔ブタの頭を一なでし、はなれていく。

 華奢な後ろ姿だった。
 歳は、たぶん一〇代を出ていないだろう。腿の半ばまである高襟の白い上着に、下衣は足裏に留めのついた黒のタイツだけで、足先はむきだしで靴をはいていなかった。
 衣服は男物だが、体つきはあきらかに男ではない。肉づきが薄く、すらりと伸びた手足に、肩口でそろえた銀の髪が、光をうけ、透けてきらめく。細身の体とあいまって、水晶か玻璃の細工物を思わせた。

 彼女はディンの脇を通り、まっすぐ幻妖へとむかう。
 そのほっそりとした足は、まるで羽が生えているみたいに体重を感じさせない。足音がしないせいだとすぐに気がついた。よく見ると、彼女の足は地面にふれるかふれないかの、微妙な高度を踏んでいた。

 その場すべてが、彼女に支配されていた。
 さっきまでの張りつめた空気はなりをひそめ、静かだが、重苦しい空気に取ってかわっていた。幻妖は見えない糸にからめとられたように、ただ彼女の一挙手一投足を見つめていた。
 相手は腕の一ふりで呆気なく果てるだろう、人間の中でさえか細く弱い部類だ。だというのに目の前の彼女から少しでも遠ざかろうと、熊の姿をした幻妖は上半身を必死にそらしている。それでいて下半身は縫いとめられたかのように動かなかった。
 幻妖が彼女におびえているのだ。

 幻妖の前まで進みでた彼女の細い足が宙を蹴った。ほっそりした体が、風の妖精みたいに軽やかに浮かびあがる。
 彼女はのぞき込む角度で、幻妖にぴたりと視線をあわせた。
 薄い背中は黙って、震える声で鳴く巨躯を見おろす。なにかを思い悩むような沈黙だった。その理由までは、後ろ姿からではとうていうかがい知ることはできない。

 どれくらい沈黙が続いただろう。
 長い沈黙のを破ったのは、小さな吐息だった。
 落ちた息が契機だった。
 彼女の雰囲気がからりと変わる。冷たく冴えた気配へと、あざやかに変化する。
 同時に幻妖が猛々しく吠えた。
 彼女の変化は幻妖の目にも明白だったようだ。我が身の危機に、機先を制して幻妖がおどりかかる。
 彼女は再び宙を蹴り、より高い場所へと体を運んだ。

「おたがい、自分が選んだ道だから」
 高く澄んだ玻璃がなるような声を、知らず想像していた。
 だが彼女の声はしっとりと落ちついていて、ディンは少なからず意外さを覚えた。
 気鬱な声を聞かせた彼女は、幻妖の頭部に右の掌を押しあてる。次の瞬間、ディンは雨が降ったのかと思った。
 パタパタッと、細かい何かが早い拍子で地面を打つ。遅れて地響きがとどろいた。
 幻妖の巨体が仰向けに倒れこむ。

Comments are closed

Hit Counter provided by Seo Packages
Web Design BangladeshBangladesh Online Market