一話 大志を抱く少年1(ⅰ)

 少年が、山の斜面をいきおいよく駆けおりていく。
 歳の頃は、一〇を越えたくらいだろう。
 くせのある黒髪に、澄んだ夜空の瞳。太くてまっすぐな眉が、いかにも意志の強さを思わせる。名をディンといった。

 足場の状態はよくなかった。大小の岩が埋もれ、太い根がむきだしに這う斜面を、下草と枯れ葉が覆いかくす。そのうえ、一昨日までの雨のために地面はぬかるんでいた。
 そこを転がるようないきおいでくだっているのだ。少年の黒い衣服は泥に汚れ、いくつも鉤裂きができ、裂け目からはにじんだ血が見えた。
 だが少年は足をとめない。
 のどが刺すように痛かった。心臓は今にも破裂しそうだ。でも足はとまらない。 背後を何度も何度もふり返りながら走りつづける。

 森は昼だというのに薄暗かった。
 目をこらしたところで、密集する木々と陰にさえぎられて奥まで見通すことはできない。
 それでも振りかえらずにはいられなかった。
 少しまえまで聞こえていた生木を裂くような音は、もう聞こえなくなっていた。
それが意味するところを考えたくない。でもさらとずにはいられなかった。
 唇をかみしめ、いっそう足を速めようとしたとき、大きな音がディンの背を襲った。

 重い物がぶつかる音と、たてつづけに木がなぎ倒される音。思いのほか間近で聞こえた音に、ディンは反射的に振りかえる。
 森の陰を凝縮したような真っ黒な影が、目のまえに立ちふさがっていた。落ちかかる影に眼差しをふり上げたデインは、そのまま動けなくなった。

 森には危険な生き物が多い。だが森は人々の生活から、切っても切りはなせない。だから森に近づくときは気をつけるように諭される。見上げた先にいたのは、その最たるものだった。太く力強い四肢、密に生えた針のような太く堅い毛並、筋肉質でがっしり巨躯。森の王とも呼ばれる熊だ。
 だがただの熊ではないことは一目瞭然だ。
 その巨体は優にデインの五倍はありそうだ。踏みつけられた樹齢何百年もありそうな巨木が、熊の体重に足元でみしみし音をたてている。
 だがそれよりも何よりも……。

 すべては目が物語っていた。

 真っ黒な影の中で炯々と輝く双眸は紫。幻妖特有の光彩の色――生きとし生けるものには決してあり得ないという狂気の瞳だ。

 幻妖――それは異形である。
それがいったいどんなもので、そしてどこから現れるのか、知る者はない。こつぜんと人里に現れ、すべてを打ち壊す。
 どんな武器も通用しない頑強な肉体を持ち、食べるではなく人間を襲い、里を破砕する。
 破壊の申し子――それを人々は幻妖と呼んだ。

 目があった瞬間、幻妖の眼力に一瞬で魂まで奪われかける。
 茫然自失におちいりかけたディンは救ったのは、薄桃色をしたなにかだった。

Comments are closed

Hit Counter provided by Seo Packages
Web Design BangladeshBangladesh Online Market