封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈5〉

封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈5〉 (ルルル文庫) [文庫]

内容(「BOOK」データベースより)

『人喰い』の予告が届いた。「見せ物としては最後の『人喰い』でこれからは本来の目的に使う」との知らせであった。西洋魔術でいう錬金術が完成し、バケモノを兵士として使う目処がたったというのか?なんとしても阻止せねばならない、そのためにまずは魔人を倒す。しかし相手が軍部と組んでいる以上、軍部と衝突は避けたい。そこで魔との最終決戦を前に桐子が考えた手段とは?!シリーズ完結編。

完結です。うれしい……でも悲しい……、ファンの気持ちは複雑です。

ルルル編集部さん、ぜひ続編を! 恋愛とか関係なくても!! 自由に!!!

もしこれで終わちゃったら、恨んじゃいそうですよねv

なんて、電脳の海の片隅で、笑って脅しをかけても何にもならないので感想を。

読んでください!(w)

旧シリーズの頃から大好きで、1巻から読み返すこともしばしば。このお話のおもしろいところは、キャラクター同士の関係性というか、とにかくキャラがとても魅力的です。それも誰か一人キョーレツなのがいるとか言うのではなく、この人とこの一セットでいいわv みたいな感じで。ついでにそこにこの人が混じったときと、この人が絡んできたときの反応も好きv とか、セットで楽しみたい感じなのです。

鵺子ドリ鳴イタから読み始めた人は、ぜひ旧シリーズも読んでほしいです。若い桐子はかわいいけど、年取った桐子もかわいくて、かっこよくって、とってもステキですよ。

そいでもってぜひ、ルルル編集部さんに続編の要求を……!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Hit Counter provided by Seo Packages
Web Design BangladeshBangladesh Online Market