青い目のDestiny

今までのお話

10年ほど前から起こりだした水に関する異変。理由はわからないままに状況は年々悪化していた。
原因を突き止めるため、魔法使いの学舎ヴィストールの学長は、水の精霊王のもとへ魔法使いを派遣することにした。落ちこぼれ魔法使いのカザは借金チャラを条件に、睡 眠の次にトラブルを愛してやまない水精のシュレンティスを連れ、ソーレルへとむかう。
そこで飛竜が落ちるのを見かけたカザは、一人の少女との出会いをきっかけに、祭社のお家騒動に巻き込まれていく。

長い――長い夜の……幕開け。

用語集

カザ・ノイエ
借金持ちのへっぽこ魔法使い。
シュレンティス
眠いが口癖の、トラブルが大好きな水の精霊。カザと契約をしている。
ヴィストール
魔法使いたちの学舎。世界一高い山の頂にある。
青龍祭社
ソーレル河のただ中に建つ、水の精霊王(青龍神)を祀る社。彼の神と言葉を交わすことができる祭主が住まう。

目次

プロローグ
  1. プロローグ
一章 掌の中の……
  1. 夕暮れ -ⅰ- -ⅱ- -ⅲ-
  2. 長い夜の始まり -ⅰ- -ⅱ-
  3. 困った人たち -ⅰ- -ⅱ- -ⅲ- -ⅳ-
  4. 背を押す声
  5. その男たち、凶暴で強暴につき -ⅰ-
  6. 掌の中の青い目
  7. 断罪
二章 額に戴く……
Ⅰ.水面に落ちた一滴の雫
Ⅱ.立ちこめる暗雲
Ⅲ.自分にだけ価値のあるもの
Ⅳ.揃いきらないカード
Ⅴ.街の噂
Ⅵ.少女の事情
Ⅶ.誰がための償い
Ⅷ.額に戴く青い目
三章 神と人とをつなぐ……
Ⅰ.胸に抱える嵐
Ⅱ.広がる波紋
Ⅲ.晴れた空に降る雨
Ⅳ.相棒
Ⅴ.祭社の事情
Ⅵ.嵐の前の静寂
Ⅶ.祭社を覆う暗雲
Ⅷ.神と人とをつなぐ青い目
四章 運命の……
Ⅰ.歩いてきた道
Ⅱ.暗雲に隠されていた真実
Ⅲ.水底で眠る想い
Ⅳ.相棒
Ⅴ.祭社の事情
Ⅵ.運命の青い目
エピローグ

エピローグ


Hit Counter provided by Seo Packages
Web Design BangladeshBangladesh Online Market